FC2ブログ

    ゲイなメモリーズ~体験談・妄想小説

    Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 六尺褌体験談 > 褌バーでの出来事(2)

    結婚相手

    スポンサーサイト --.--.-- --

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    褌バーでの出来事(2) 2011.06.10 Fri

    前回より続く


    褌の上から撫でられ、まさぐられると、前袋の中でだんだん固くなってきているのが自分でもわかった。

    手を伸ばした彼の六尺の中身も容積が増してとてもきつそうだ。

    Akiya Fundoshi


    少し暗めの店の照明は、真っ白なふんどしの中の陰茎の影をくっきりと映し出している。

    無駄な肉がまったくない筋肉質の体に、短髪の彼。

    そう、こんな男の褌姿が見てみたかったんだ。

    太鼓

    だけど、こんなことをしていていいんだろうか。

    いつ他の客が入ってくるかもしれないのに・・・


    でも、はやくその窮屈な布地から出してほしい・・

    いきり立つ肉棒と、彼のまなざしは、そう言っている。

    Akiya


    前袋に手を伸ばし、脇から手を入れると、彼も少し腰を浮かせた。

    なんとかその中身を引っ張り出す。

    キンタマは袋の中に収まったまま、カチカチのマラが姿を表す。

    黒ずんだその形はまるでゲイショップに売っているディルドのようだ、そう思った。

    その形をよく確かめようと、しっかりと握る。

    されるがままの彼。


    Akiya

    ゆっくりとしごきはじめると、彼もオレの六尺に手を伸ばし、そしてあっというまにオレのモノも引っ張り出された。


    すると彼は半身をひねって手を伸ばし、カウンターの上の小さな容器を手にとった。

    片手でキャップを開けるとお互いのモノに中身の液体を垂らす。


    「あっ」

    ひんやりしたヌルヌルとした感触で、思わず声を上げた。

    カウンターにローションが置いてあったなんて全然気がつかなかった。


    と、いうことは・・・

    ここではいつも、こんなことをしている?


    あっという間に主導権を奪い取られると、彼に片手でしごかれながら、もう片手は乳首、脇の下、背中へと伸びていき、気がつくと耳たぶに息を吹きかけられていた。

    Akiya


    いつのまにか小さなストールから立たされると、法被を脱いで褌一つになった彼が背中越しにギンギンになったマラをケツに押し当てている。


    少し股を緩めると、その間にするりと彼の男根が挟まった。


    あ、だめだ、そんなことされたらケツ穴に欲しくなっちゃうじゃないか・・・


    だが、彼はおかまいなしに背中越しにオレの股間を握り締めながら首筋に唇を這わせる。

    しごく手が速くなった。

    「アッ、あーっ」

    「イッちゃいたい?」

    そう聞かれると、なんだかまだ惜しいような・・・

    答えあぐねていると、彼はこともなげに言った。

    「それとも、入れてほしい?」




    つづく・・・


    NEXT




    画像2:

    PRIDE男祭
    ひとつ前の記事でとりあげた柔道の鈴木桂治の裸に続いて、格闘技つながりで今回はPRIDE男祭りでの高田延彦の褌姿をYouTubeよりピックアップ。



    その他の画像:
    Akiya
    褌の締め方が見れる動画ってそういえばなかなかないので貴重かも。
    動画は画像をクリック、またはhotgoo


    モデル出演関連動画:何故か本格的な技でエロレスリング
    動画:淫乱レスリング





    最新ゲイ動画は
    FC2 Blog Ranking・同性愛ランキング(18禁)
    アダルトブログランキング エログ-(エログランキング)


    エロい動画・画像が充実
    Gay Japan(携帯から)
    Gay
    E-MARA.US(携帯から)
    E-MARA.US




    盗撮 男だらけの裸祭り
    関連記事

    Comments

    name
    comment
    comment form
    (編集・削除用) :
    管理者にだけ表示を許可
    男銃
    キャッシング審査
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。