FC2ブログ

    ゲイなメモリーズ~体験談・妄想小説

    Home > 六尺褌体験談 > 全員褌限定イベントにて(1):六尺体験談

    結婚相手

    全員褌限定イベントにて(1):六尺体験談 2009.07.05 Sun

    前から話には聞いていた褌イベントに行ってみようと茂は思い立った。

    そこは褌バーではなくて、毎月1~2回いろんなイベントが行われていて、今月末は全員褌限定イベントだということだった。

    fundoshimenちょうど茂が最近入ったばかりのSNSに「六尺大好き」とか「褌で盛ろうぜ」なんてコミュニティがいくつかあった。

    覗いてみると、参加者の画像は六尺また六尺。モッコリをめだたせた股間の写真や、六尺姿の全身画像が次から次へとで、ビックリ。
    いか
    コミュニティにその褌イベントへ行こうという書き込みを見つけて、褌の男達を間近に見るこんな機会はそうないだろう、ぜひ行ってみたいなという気持ちが強くなってきたのだった。

    オレも行くんでよろしく、と書き込んでいるメンバーが何人かいる。


    それぞれの日記を覗いてみるが、現地であったらよろしくという内容。いかにもこの世界になじんでいそうだったり、ムキムキのマッチョボディだったりで、一緒に行ってくれませんか、とはコメントを入れにくい雰囲気だ。


    当日が近づいて来た。
    SNSにアクセスして、最新日記リストを眺めてみる。


    するとその中に「褌イベント一緒に行きませんか」というタイトルの日記を見つけた。隆という40代前半、短髪でも野郎系でもない非オヤジ系・非イカニモらしい。
    顔画像は載せていないが、体つきもごく普通体型。

    茂も地方都市でルートセールスやっていそうなどと言われる非イカニモタイプなので、誘い合わせていくならこの人が安心かなと思い、さっそく「自分も行こうと思ってます。はじめてなので店に入る前に待ち合わせて一緒に行ってもらえたらありがたいのですが」と隆にメッセージを送っておく。


    六尺褌で2度ほどプレイしたことはあったが、はじめて褌に興味を持ったのはいつだったんだろうと茂は思い返していた。

    それは茂が東京へ出てきて最初に住んだ下宿屋でのこと。通いやすい距離にいくつも大学があるところで、隣の部屋に住んでいた大学院生の兄さんが褌をしめていたのは覚えている。

    茂はそのころはまだ、こっちの世界には足を踏み込めない18才のシャイな少年。たまたまその兄さんの部屋に遊びにいって部屋で褌姿でいる兄さんを見ても、見て見ぬふりをしていた。

    自分も締めてみたい、と思っていたはずだが、自分からそんなことが言えるはずもない。
    結局、その下宿は一年で出てしまい、六尺褌を締めていた兄さんのこともあっという間に忘れてしまっていた。





    さて、当日の昼前。隆からメッセージが入っていた。

    「メッセージありがとう。前回、久しぶりに行ったら、まるでクラブ系イベントみたいになってて、1人だと妙に浮くんで、ご一緒してくれるなら大歓迎です」

    え?クラブ系、一人だと浮く?
    それは困ったな、でもこの人が一緒なら多少は安心だ。


    さっそく、メールを返信。
    店のサイトのアクセス地図に載っていた隣の銀行の前で待ち合わせようということになる。

    待ち合わせ時間にそのあたりに行くが、目印の銀行が見つからない。


    どうやら支店の統廃合でなくなってしまったようだ。
    そういえばホームページに出ていた銀行名は合併前の名前だった。



    うろうろしていると「茂さん?」と声をかけるメガネの男がいる。隆さんらしい。茂は自分の服装を伝えておいてよかったと思いながら、『思ったよりハンサム、女ウケはしそうだけどたしかにゲイ受けってかんじではないな』瞬間的に品定めをする。むこうもきっと同じように品定めをしているだろう。

    そのまますぐ店に向かう。エレベータで最上階へ。
    店のドアをあけると、すでにあたりいちめん、見渡すかぎり裸の男。
    一瞬、全裸かと思いびっくりする。
    もちろん褌はつけている。それにしても、あまりの多さにあとずさりしたくなるほどだ。

    前払いで2500円を払う。この日はこれで飲み放題だ。あちらへ、と指を指された店の奥にはカーテンで仕切ってあるスペースがつくってあり、その手前で番号札のついた大きな袋をもらう。


    当日はアウトレット品の各種褌の販売があるということは聞いていたので、1500円で六尺褌を購入。もっこや黒猫、越中もある。

    カーテンの奥で裸になり六尺を締め、袋に荷物とクツをつめこんで、スリッパに履き替え再び店内へ。


    ・・・つづく



    *画像はイメージです。本文とは直接関係ありません。また本文中に記載の情報は特定の店や人物を示すものではありません。



    関連記事

    Comments

    name
    comment
    comment form
    (編集・削除用) :
    管理者にだけ表示を許可
    男銃
    キャッシング審査