FC2ブログ

    ゲイなメモリーズ~体験談・妄想小説

    Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 六尺褌体験談 > 褌バーでの出来事(5)

    結婚相手

    スポンサーサイト --.--.-- --

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    褌バーでの出来事(5) 2015.07.07 Tue

    前回<-- | はじめから 読む



    褌バーに来てみようと思ったのは、褌姿のもっこりを間近で見たりさわったりできれば・・
    そのくらいの気持ちだった。

    それなのに・・・

    いつ誰が入ってくるかも分からない店の中で、全裸でテーブルに手をついて立ちバックで掘られている、そんな淫乱なことを自分がしているなんて。





    これまでに掘られたこともないほどのサイズの、デカくて堅いペニス。
    いまそれは後ろからグイグイと内蔵の奥深くまで侵入している。

    ああ、すごい。奥にあたっている。

    いままでならあまりデカいモノを入れられてガンガン掘られると、途中で耐えられなくなってギブアップすることも多かったのに。

    それなのに今日はまったく違和感がない。
    これ以上激しくされたら・・というタイミングで小刻みに振動したり、また腰使いを変えて奥までズン、と掘り上げる。

    あのまるでディルドのようなペニスがいま、龍のように暴れ回り、襲いかかる。

    自分がこれまで知らなかった快感感知センサーの最も感じる部分に亀頭があたっているのを感じる。

    「そこ、ああ、そこ、イイっ」

    最も攻撃して欲しいところにあたると、もっと快感を与えて欲しいといつの間にかオレは自分から腰を振っていた。

    「おおっ、すげっぇ・・・」

    振動が激しくなったかと思うと、また深く掘り上げる。
    ペン、ペンとそいつのキンタマが尻にあたる音がする。

    「ああっ、イイ、もっと・・もっと」

    そんな状況がどのくらい続いたのだろう。
    早めに射精するヤツならもうとっくにイッているはずの時間だ・・
    快感が高まるにつれ、時間の感覚がどんどん分からなくなってくる。


    その時だった、ドアが開いた音がしたのは。

    やばい!

    でも今のこんな状況ではどうしようもできない。

    その時、掘られている腰のリズムが止まった・・・
    と思ったのは、一瞬。
    そのあと、掘るリズムはさらにダイナミックになっていく。


    そして、なんの会話もない。

    ということはマスターが一人で戻って来たのだろうか。
    この店でこんなことがたぶんこれまでにもあって、それで、きっとこのまま掘り続けることにしたのだろうか。

    そんなことを考える間もなかった。

    腰に両手を当てられてガンガン掘られながら、気がついたときには・・
    オレの股間は誰かの手にしっかりと握られていたのだった。


    ・・・最終回(予定)へつづく


    PREV<-- | TOP | ->NEXT
    *NEXTにはまだ記事はありません。



    画像:鏡の前で淫乱に堕ちていく笑顔の爽やかな犬顔イケメンが手錠をはめられ犯される。




    直URL; Redtube 37min.




    過去記事より:アナルセックス体験談(画像クリックでハイライトの回へ)
    巨根・拳士郎(11)全裸パーティ初体験(3)スポユニでご奉仕します(4)"
    以下、それぞれの第一回から読む
    巨根・拳士郎
    SNSにエロリアル日記を書いている拳士郎。その巨根とテクニックに、初めてのアナルの快楽に堕ちていく・・・
    全裸パーティ初体験
    全裸パーティーって裸を見せ合って、イカせあいとかするんだろうと思い込んでいた。でも目の前で展開されていくのは・・・
    スポユニでご奉仕します
    客のリクエストしたスポユニでの出張サービス。オプションサービスのマッサージを受けながら思った。こんなデカイのが入るのだろうか・・・


    豊富なゲイ体験談は
    SEXY BOYS’LIFE携帯から


    最新ゲイ動画・画像を見る
    gay-jpE-MARA.US

    アダルトブログランキング
    関連記事

    Comments

    name
    comment
    comment form
    (編集・削除用) :
    管理者にだけ表示を許可
    男銃
    キャッシング審査
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。