FC2ブログ

    ゲイなメモリーズ~体験談・妄想小説

    Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 変態 > SEXを見られたい~見られ好き淫乱変態(1)

    結婚相手

    スポンサーサイト --.--.-- --

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    SEXを見られたい~見られ好き淫乱変態(1) 2009.07.31 Fri

    ネットで知り合った淫乱変態クン、彼に興味を持ったのはネットに「SEXを見られたいです」と載せていたから。


    セフレとのセックスを「見物」されたいってことらしく、見たい人を探していた。


    興味本位でメールを送ってみると、ちょうど週末に東京へ来るらしい。

    「どこかで見られたいんですが、いいところないでしょうか」



    思いついたのは新宿のとある店。

    「毎月最終土曜日の全員六尺限定イベントはけっこう盛り上がるんで、ノリノリで掘りたいヤツにあたれば掘られるところを見せつけられるかも」と返事。

    この日はあいにく予定があるんで行けないからと行き方を知らせておく。


    日曜日、電車の中で携帯にメールが入っているのに気付いた。

    「結局きのうは行かなかったんですけど、今日は行かないですか」

    ちょうどこのあと電車をのりかえて新宿方向に向かうところだったし、まだ時間も早い。すぐ来れるか、と返信。


    すぐ行きますとメールが着信。

    副都心線で新宿三丁目駅まで来るよう指示する。


    待てよ、身長体重は載せていたけどどんな顔かわからないな。

    まあいいや、着いたらメールをくれるだとう。


    いったん地上へ上がってみる。

    新装オープンの丸井に入るとすぐのアイスクリーム屋には行列ができている。それにしてもまわりは中国語がやけに飛び交っているな。

    店の中をぶらつくには時間が中途半端だ。





    もういちど地下へもぐり改札口で待つことにする。

    「53分の和光市行きに乗りました」

    とメールが届く。

    そろそろか、改札口に向かってくる人の群れはそれほど多くない。

    エスカレータからやや小柄、坊主の男が急ぎ足で上がってくるところだ。目がくりっとしたやや濃い系の顔立ち。いわゆる「イカニモ系」、あいつに違いない。

    改札口の外で人待ち顔なのはオレだけ。

    向こうもオレだと確信したようで、「あのう、さっきメールした・・・」やはりこいつだ。


    本人も自身のことを年上にしか見られない、とプロフで書いていたがじっさいの年齢の30代後半というよりは40才くらいに見える。


    歩きながらこれから行くところがどんな店か説明、セックスを見られたいと投稿していることについて聞いてみる。


    セフレとのセックスに刺激がほしくて、時々投稿するのだそうだ。


    「こないだも見にきてくれたヤツがおってん。せやけどなんかノリ悪うて冷静なんすゎ。ただジッと見てるっていうか。それでも挿入の時は身ぃ乗り出して顔を近づけて見てくれはったんやけど」

    「くれはった」とは。どんだけMだよ。

    どうせならもっと興奮してる様子でいてほしかったようだ。
    見るヤツが興奮してくれると、やってるほうも興奮するらしい。
    ちなみに彼がほられるほう。


    なんだか良く分からない世界だな。


    「そいつはただ見てただけ?参加してこなかったの?」

    「そう、服は着たまんま。終わったらすぐ帰ってしもて」

    服を着たままっていうのは変な気がしたので聞いてみると

    「触ったりしてくれるんやったら下着一枚になるとか裸でええねんけど、見てるだけやったら、服来たままのほうが覗き見されてるような感覚になるし」

    ますますわからない。

    まあ元々、SEXを見られたいという時点でわからないんだけど。

    話しながら店の近くまでやってきた。




    つづく・・・・



    サンプル動画は「投稿!変態オナニー青年 アキラ vol.1」より。

    ほかの変態作品は・・・



    もっと変態なゲイ動画やゲイ小説を探す?
    Gayアダルトブログランキング
    関連記事

    Comments

    name
    comment
    comment form
    (編集・削除用) :
    管理者にだけ表示を許可
    男銃
    キャッシング審査
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。