FC2ブログ

    ゲイなメモリーズ~体験談・妄想小説

    Home > 2009年12月

    結婚相手

    スポンサーサイト --.--.-- --

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    プールでの出来事(1) 2009.12.18 Fri

    さっきまで晴れ間も見えていたのに、雲が急に厚くなって風も強くなってきた。

    純一がひとりで市民プールに来たのは、夏休みが終わるまでに25メートル泳げるようになろうと思ったからだった。

    もう今日はこのくらいにして帰ろうかと思い、脱衣場に向かう。

    来たときとは打って変わって、脱衣場はがらんとしていた。

    トイレで競パン

    シャワーはぬるくて、さっと浴びてすぐにでた。シャワールームに来たときはほかには誰もシャワーを使っている様子はないようだったのに、いちばん奥に人の気配がする。

    でもシャワーの音はしない。


    ふと気になって奥まで行ってみるとシャワーカーテンの隙間から人影が見えた。

    紺のarenaのパンツからケツが半分見える。


    この柄は・・・となりのレーンで泳いでいた人じゃないだろうか。

    たしか、きれいなフォームですいすいと泳いでいた人だ。

    プールから上がるときに背中と腕の筋肉がピッと張って、競泳パンツのもっこりが気になっていたのだった。

    顔は童顔で自分とそんなに年も違わないように思えた。


    いまシャワーカーテン越しに見えるからだはやはりさっきの人だ。

    でもシャワーも浴びないでこんなところで何をしているんだろう。


    え、もしかしたら・・・


    その時だった。


    彼は振り向いた。


    showerboy.jpg



    「なに、みてんだよ」

    あわてて純一は後退りしたが、腕をつかまれ、シャワーブースに引きずり込まれる。

    「男の裸をいつもそうやって覗き見してんのか?」

    純一は何も言えない


    「答えろや、おまえ、中学生か、何年だ」

    「3年です」

    か細い声で答える。自分でも声がひきつっているのがわかった。




    ・・・つづく


    もっとエロいサイトも見る?--> FC2 Blog Ranking
    関連記事

    プールでの出来事(2) 2009.12.19 Sat

    PREV<-- | TOP | ->NEXT


    「いえ、そんなことないです」

    ひとりで市民プールに来るようになってから、脱衣場で無防備に着替える男の裸が気になっていたなんて言えるはずもない。

    そう言いながらも、競パンからむきだしになったそいつのチンポをどうしても見てしまう。



    今夜のBGMは・・・


    Pet Shop Boys - It's A Sin



    きっかけは、去年。

    水泳の授業の前後。中2の純一達にとっては、いかに股間を見られないようにして着替を短時間で済ませるかは、重要な問題だった。

    身長の伸びとあそこの発達は必ずしも一致しない。

    みんな必死で隠して着替えていたその時、純一のすぐそばでざわめきがあがった。

    その中心にいたのは、同じクラスの中村敦だった。

    敦は身長は一番高い方ではないが、ただ背が伸びただけのほかの同級生と違って、筋肉のつき方がすでに大人のようだった。


    ざわめきの理由はすぐにわかった。

    敦は全裸だったのだ。

    全裸着替ケツそして、密林のようにびっしりと陰毛でおおわれた股間の中心に、まさに大人の形をした「陰茎」があった。

    「スッゲー」

    「剥けてるし」

    「でけえな」

    皆、口々にその大人顔負けの陰茎に賞賛の声を浴びせる。

    「触らせろよ」

    誰かが口火を切ると、もう抑止力はきかない。

    いっせいに何本もの手が敦のチンポに伸びる。

    驚いたのは、敦は嫌がるふうもなく、仁王立ちで同級生達の好きにさせていたことだった。


    そのうち、彼の股間に変化が生じたのは自然の成り行きだった。

    そのチンポ、いやペニスと呼ぶにふさわしい大人のモノは角度を変え、見る見るうちに容積を増してきていた。

    敦はなかば恍惚とした表情を浮かべ、勃起した彼自身をみんなの前でさらしていたのだった。

    さっきまで敦の股間に手を伸ばしていた同級生達は、そのあまりの迫力に手を引っ込め、圧倒されて呆然をしていたように思う。



    夏休みになり、純一がプール開放の日に学校に向かうと、敦がいた。

    スポーツ万能の敦は水泳もうまい。

    純一は少し泳いだあとプールサイドにあがり、自然と敦を目で追っていた。しばらくすると、敦はタオルを持ってプールを跡にする様子だ。

    ゆっくりと純一はあとを追い、脱衣場に敦が入ったのを確認する。

    ドアを開けようか、でもさっききたばかりなのにおかしいと思われないかな・・・しばらくためらっていたが、純一はゆっくりと脱衣場のドアを開けた。

    中には、敦ひとり。

    スポーツタオルでカラダを拭いているところだった。


    PREV<-- | TOP | ->NEXT

    もっとエロいサイトも見る?--> FC2 Blog Ranking
    関連記事

    露出系男子・健太の場合(8)暗闇の交尾 2009.12.29 Tue

    PREV<-- | TOP | ->NEXT

    ふと気がつくと自分の斜め後ろにはその様子を伺っている若い男がいる。
    こんな場所には不似合いな、サラサラヘアの細身にすっきりした顔立ち。


    ギャラリーが増えても、体育会学生も大柄ヒゲも躊躇するどころか、エロスに火がついたように激しくなってきた。

    大柄ヒゲは体育会学生のシャツを脱がせ、ポケットからなにか出そうとしているところだ。

    すると、学生のカラダを折り曲げさせて、四つん這いにさせる。

    ポケットから取り出したのは小さなボトル。

    そのボトルの中身を左手にたっぷりとつけると、すぐさまケツに指を入れている様子だ。


    野外交尾


    こんな展開はまったく予想していなかった。

    野外でのハッテンというと、人目につかないところで扱きあいをするように思っていたし、まさか何人もの前でアナルセックスをみせつけるなんて・・・



    いつのまに、というほどスムーズにヒゲ大柄はそのデカマラにゴムを装着し、しっかりと体育会学生の腰を両手で固定する。


    そしていま、ついに目の前でケツを掘ろうとしている。

    その長いマラをゆっくりと根元まで挿入し終えると、もうピストン運動をはじめた。



    その様子にすっかり気をとられていたが、少し離れた木の陰ではサラサラヘアの若者が中年体型のオヤジに股間をまさぐられているようだ。

    彼はどうやら見られるのが好きではないらしい。

    中年体型と2人、闇の中へ消えていった。


    目前の二人はこんどは立ち上がり、なおも交尾を続けている。

    体育会学生は声にならないうわ言のような声をあげている。ケツワレからむき出しになった太マラは膨張度がさらに増し、大柄ヒゲのゴツい手で扱かれている。

    もうたまらなくなってきた。

    その扱かれているマラに吸いよせられるように、俺は近づいていった。

    PREV<-- | TOP | ->NEXT


    画像は以下の動画より
    hotgoo無料動画


    もっとエロいサイトも見る?--> FC2 Blog Ranking
    関連記事

    巨根・拳士郎(5) 2009.12.30 Wed

    PREV<-- | TOP | ->NEXT


    それしにても和幸のようなウケ初心者とやる機会が最近増えたなあ、と拳士郎は思った。

    これも去年からはじめたSNSにエロリアル日記を書き始めたせいだろう。

    SNSで自分の裸体やハメ撮り写真の画像とともに体験談を載せてみたら、つぎつぎとコメントがつきメッセージももらって、他県からわざわざ来てくれる人も増えていった。

    さいしょのうちはバリバリのウケが多かったが、ケツ受け初体験のヤツをトコロテンさせたという日記を書いてから、おなじような体験がしたいらしいケツ初心者やふだんはタチのヤツからのメールが増えてきた。


    元々、女性的でいかにもゲイだというような雰囲気のヤツにはまったく興味がなかった。

    それ以外なら拳士郎のタイプはかなり幅広い。「誰専」とまではいかないが、ノリのイイ奴ならほとんどの場合OKだ。

    特に好みなのは自分より年上だったり、体格の良い男っぽいヤツ。

    顔立ちはまったく気にならない。

    そんな兄貴系のヤツが「堕ちていく」ところを見るのが快感だ。


    今夜のBGMは・・・

    Evanescence - Going Under


    今日の相手、和幸はそういう意味ではこれまで相手してきた男たちとはまた違うタイプ。

    特別鍛えているような体つきではないが年の割には締まっている。田舎ではあまり見かけないような都会的で、オープンな雰囲気の大人の男という感じ。

    そしていま和幸も知らない淫らな自分自身に驚いているようだ。

    ケツ穴は指を入れられてすっかり受け入れ態勢が整ってきている。

    fingerinanalbath.jpg

    さっきまで優しく、ていねいにアナルを拡げていた拳士郎の指使いは急に荒々しくなった。

    そのまま優しくされるかと待ち構えていた和幸の顔に一瞬、恐怖の色がよぎる。

    ふたたび優しい調子に戻った拳士郎の愛撫に身を任せていた和幸だったが、だんだんとその指使いには力がみなぎってきた。

    そして、その都度和幸の肛門はギュッと締まる。

    これだからケツ初心者のアナルはたまらない、拳士郎はそう思う。
    バリウケとやるときには得られないこの反応、拳士郎にとってはこれぞ男を犯す醍醐味と感じる。

    もうずいぶんケツの穴も拡がってきている。


    和幸の両足を肩に抱きかかえ、拳士郎はいよいよ突入体制に入ろうとしていた。



    PREV<-- | TOP | ->NEXT

    もっとエロいサイトを見る?--> 
    関連記事
    男銃
    キャッシング審査
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。