FC2ブログ

    ゲイなメモリーズ~体験談・妄想小説

    Home > 2009年10月

    結婚相手

    スポンサーサイト --.--.-- --

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    銭湯での出来事:高校生の視線(前編) 2009.10.01 Thu

    昼間たっぷりと汗をかいたのでひさびさに早めに銭湯に行くことにした。

    フロントを抜け、つい右側へ行こうとするとピンクの暖簾がかかっている。
    そうだ、ここは日替わりで男湯と女湯が変わるんだったな、と思い直して左側の男湯と書いてある青い暖簾をくぐる。

    tosatsu1.jpg


    今日は男湯は広い露天スペースのあるほうだ。

    シャンプーやボディソープが入っているポーチを取り出し、脱衣場で服をロッカーに放り込む。

    さすがにこんなに早い時間、脱衣場には誰もいない。

    洗い場に行く手前の大きな鏡に全身が映っている。


    陽二のカラダはいくつもの日焼け跡が残っているが、小さな競パン後はもうだいぶ目立たなくなっている。まあ、こんな時間だしお仲間さんはいないだろう。

    そう思いながらも、ついいつものクセで今日は包皮が被っていないかチェックし、念のため亀頭が完全に露出するように見栄剥きしてから陽二は洗い場へ向かった。


    洗い場にも人はまばらだ。

    入口をはいったところにある立ちシャワーで、ざっとカラダを流して奥へ行こうとする時に脱衣場に若い男が入ってきたのが見えたのでつい目で追うがまだ少年のようだ。


    年下は好きだけれど、陽二はまだカラダのできていない10代には興味がないので、そのままカランへ向かう。


    顔を洗い、ボディソープを泡立て脇の下、股間を洗い全身は軽く洗い流すとさっそく露天に行ってみる。

    露天風呂には年配の小柄な先客が一人入っているだけだ。

    その客のはす向かいにゆっくりとつかる。
    洗い場には髪を洗っているさきほどの少年のほかは客は2人だけ。

    しばらくすると小柄な年配が露天から出て、入れ違いに少年がやってきた。

    前をタオルで隠していて、顔はまだまだ幼い。身長は165cmくらいか。そう広くはない露天風呂のいちばん奥へいま体を沈めるところだ。

    尻を向けていたが湯船につかる時にタオルを取ったので一瞬股間が見えた。どうやら包茎のようだがわりとボリュームがあるように見えた。

    陽二は風呂は好きだが、あまり長い時間首までつかっているのは苦手なので、湯船の中で段になっているところに腰掛け、胸の下あたりまで湯につかる。


    少年と視線が合ったように思った。

    そろそろ上がろうかとも思ったが、こんどは風呂の縁に腰掛ける。
    この角度だと少年のほうからは陽二の股間は見えているはず。

    ただ、陽二のほうには視線を向ける様子はない。


    とくにその少年に興味があったわけでもないので、陽二はいったん露天をあとにすることにした。



    洗い場へ戻ると髪を洗い、ひげを剃る。

    少し客は増えていたが、中年のメタボ体型のオヤジだとか、かなり年寄りとかばかりで陽二の対象になるような客はいない。

    ジェットバスや漢方薬湯などもあってこの銭湯の設備は充実しているので、それぞれの浴槽に入っているともうすっかりリラックスしてきた。
    股間もいつのまにか容積を増してきていることには陽二は気付いていなかったが、いちばん大きな浴槽の淵に腰掛けていると、また視線を感じたような気がした。

    その先にいたのはさっきの少年だ。

    最初に見た時は中学生かも、と思ったほど童顔だったがいまの表情はもう少し大人びているようにも見える。

    このくらいの年だと男の性器には興味があるんじゃないかな、ふとそう思い、陽二は少年の視線に股間をさらすようにして再び露天に向かった。


    露天風呂につかり、さっきの少年が追って来るかと思ったが気配はない。

    いったん上がり、ほかに客もいなかったので陽二はタオルも付けずストレッチを始めた。首や上半身のあとアキレス腱を延ばしていると少年が露天風呂にやってくるところだった。

    ちょうどカラダを反転させたところだったので陽二のマラは少年に丸見えになった。

    今度はまちがいなく股間に視線を感じた。


    ふたたび露天風呂の浴槽に腰掛ける。
    少年の入っているほぼ正面だ。

    ちらちらと陽二の股間を見ているのはまちがいない。



    1分、いや2分くらいたっただろうか。
    少年は視線をまっすぐ陽二の股間に向けた。

    これ以上視線を感じるとヤバい。そう思った時には陽二の股間は半勃起しはじめていた。


    NEXT



    自衛隊movie_main
    イメージ画像は男道ミサイルゲイボーイ「自◯隊風呂盗撮」より
    関連記事

    銭湯での出来事:高校生の視線(後編) 2009.10.19 Mon

    前回より続く


    これ以上視線を感じるとヤバい。そう思った時には陽二の股間は半勃起しはじめていた。

    だが、いつ洗い場から誰かがこちらにやってくるか分からない。

    その場の緊張感をどうしたものか・・・

    陽二は意外にも自然に言葉を発していた。

    「何年生?」

    多少びくっとしたようだが、少年も表情が和らいでいる。

    「高2です」

    「めずらしいな、高校生が一人でこんな時間に来るなんて」

    返事はない。

    「大人のチンコは珍しいか?」

    「はい、あ、いえ」

    また笑顔が戻った。だが、その一言でまた視線は陽二の股間にからみつく。今度こそ完全に凝視している。

    露天に人が入って来る気配はない。

    「勃ったのは見たことある?」


    びっくりしたような顔をして首を横に振る。

    「見たいか?」

    そう言っているあいだにも、陽二のペニスはだんだん容積を増してきた。

    少年は何も答えない。

    その代わりに陽二の股間にに完全に焦点を合わせた。

    ゆっくりと陽二のマラは角度を変えていく。

    furo-hiroi1.jpg陽二は洗い場に視線を泳がせたあと、入口からは見えにくい露天の奥へ移動した。

    少年もそれにつられて立ち上がる。


    股間をタオルでおさせているが、腰つきが不自然だ。


    「触ってみてもいいんだぞ」


    少年は少し考え中のようだったが、陽二に近づき手を延ばそうとする。

    「オレだけ見せるのは不公平だろ。タオル取れよ」

    そういうと、少年は困ったような顔をしたが、仕方なくタオルをずらす。

    包茎だが包皮の上から亀頭のカタチがわかる。まだ勃起とは言えないががやや上向きになったものがそこにあった。

    「勃ったら皮はむけるの?」

    「あ、はい」

    素直に答える。


    高校生の頃、風呂に行った時に見た同級生の包茎のチンコ。
    それを思い出しながら夜オナニーしたことを急に思いだしていた。

    もう堅くなりはじめていた陽二の勃起はもう止まらなかった。

    少年は目を見張る。


    「すごい。すごいです」

    その言葉に反応するかのように、角度はさらに上を向く。

    もうどうにも興奮は止まらない。


    「触ってみてもいいんだぞ」

    陽二の言葉に少年はあっけにとられたようだったが、こっくりとうなずき、手を伸ばす。

    おそるおそる亀頭の上に指を乗せる。

    そのかすかな刺激に陽二は思わず腰を引いてしまい、少年も手を引っ込めるが、さあ、といわんばかりにもう一度目前に股間を差し出した。


    少年の股間も徐々に角度を変えてきている。

    furo-hiroi2.jpgその時、洗い場に繋がる扉が開く音がした。

    あわてて湯船につかると、少年も続いて湯船につかった。

    なんだか可笑しくなって陽二は笑うと、少年もつられて笑顔になった。

    「なんかスポーツやってんの?」

    「ハンドボールを少し・・・」

    露天にやってきた客もなにも怪しんでいないようだ。

    足で少年の膝のあたりをつついてみると、一瞬びくっとさせるがそのままにしている。

    なんだか可愛いな、そう思うと陽二の股間はまたむくむくっと大きくなってきた。

    「さあ、上がるか」

    そう言ってもう一人の客に背を向けて陽二は立ち上がった。

    少年の目前に勃起した股間を見せつけて。

    陽二の突然の行動に、驚いた顔を浮かべながらも少年は股間を抑えながら陽二について来る。


    洗い場に移り、隣同士でカラダを洗いながらごくふつうに打ち解けて話がはずんだ。ここに来ることは滅多にないらしかった。

    あ、母親が帰って来る時間だ、と言うと慌てたように少年は立ちあがる。


    またな、と陽二はその後ろ姿を見送った。






    関連記事
    男銃
    キャッシング審査
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。